看護師の転職活動が今の職場にばれたりしない?

看護師さんは転職する機会が多めですが、だからこそ気を使うことも少なくありません。

 

仮に転職活動をしているのがバレてしまうと、今の職場で働きづらくなってしまいます。

 

転職活動をしたとしても、必ず転職するわけではありません。引き続き働き続ける場合もあるのです。

 

こちらでは看護師の転職活動が、現状で働いている職場に発覚してしまう可能性があるのか、といったことについてお話します。

 

 

■基本的にバレることはない

 

安心して欲しいです。

 

看護師の転職活動は、病院側に知られてしまうことはまずありません。

 

自分の登録している看護師求人サイトに、職場が情報を載せていたとしてもです。

 

スカウト機能がある転職サイトであっても発覚することはありません。

 

・医療機関側が見られるのは経験や一般的な情報のみ

 

名前が明かされることもありません。

 

匿名情報となっているので、まさか自分の病院に勤めている看護師が転職している、などとは気づかないのです。

 

年齢や一部の個人情報も出てきますが、それを持ってしても誰かを判別するには至りません。全く心配することはないのです。

 

 

■バレる確率を引き下げる方法もある!

 

・スカウトされたくない医療機関を設定できる場合も

 

スカウト機能のある転職サイトを利用した場合ですが、自分お職場を含めて、スカウトされたくない医療機関を設定できます。

 

相違すれば、指定した医療機関から自分お情報は一切見られなくなります。この結果、転職活動をしていることがバレることも、ほとんど考えられなくなるわけです。

 

 

■どういったケースで職場に転職活動しているのがバレてしまうのか

 

・ほとんどが同僚から漏れてしまっている

 

仲の良い同僚だけには転職活動している、と話している場合もあるでしょう。

 

実はそれが問題なのです。

 

その同僚から職場に漏れて発覚してしまう可能性が高いので注意してください。

 

同僚に話してはいけないわけではありません。

 

ただ、転職が実際に決まってから、同僚に話すべきです。

 

仮に転職活動中に話して、結果的に転職しなかったら大変です。

 

転職活動したということは、今の職場を辞めたいと思ったわけです。

 

職場の自分への扱いが変わってくる可能性も少なからずあるでしょう。

 

自分としても働きにくさを感じてしまい、それほど望んでいない医療機関に強引に転職してしまう看護師もいるほどです。

 

同僚の中には心配している方がいるかもしれません。

 

しかし、その人が悪気なくポロッと漏らしてしまったことが、あっという間に職場に広がってしまうこともあるのです。

 

そうなってからでは遅いです。

 

ここは我慢をして、転職先が決まり上司にも告げてから同僚に話してください。



ナース転職のススメ人気記事↓↓