【内科の看護師編】科目別で適正・仕事内容を把握しよう

看護師の職場としての診療科目として最もオーソドックスといっても良いのが内科です。

 

内科看護師として仕事をしたい時には、その適性や仕事内容、

 

給与情報などを知るとがおすすめですので、以下に解説させてもらいます。

 

 

 

■内科看護師の適性について

 

・同じことの繰り返しでもやりがいが感じられる

 

内科の職場特有となりますが、単調な仕事の繰り返しになります。

 

毎日、業務をこなしているような感覚になり、飽きてしまう方が比較的多いです。

 

同じ事をしても飽きがこないで、やりがいを感じられる方に向いています。

 

 

 

・患者さんとの付き合いがうまい

 

内科にかかる患者さんは、身体の内部に問題がある事が一般的です。

 

すぐに治るものではなく、長期的にかかることが多いという特徴があります。

 

長期間同じ患者さんと付き合うことにもなるので、ある程度のコミュニケーション能力は

 

必要だと思ってください。

 

また、患者さんの治療内容などの把握も苦に感じないことが必要です。

 

 

 

■内科看護師の仕事内容とは

 

 

・患者さん対応
・医師の診察補助
・注射などの医療行為
・症状や医薬品の説明
・患者さんのケア

 

内科といっても様々な種類があるので仕事内容も多くなります。

 

特徴としては、説明的な業務が比較的多いということです。

 

内科の病気は目に見えるものではありませんので、詳しい説明を行わなければなりません。

 

ただ、医薬品の説明については薬剤師との連携が必要ですが、

 

普段からある程度の勉強をしておくこともおすすめです。

 

 

 

■内科看護師の給与とは

 

・平均的

 

内科の看護師はかなり数が多く、給与についても看護師全体の平均額といっても良いでしょう。

 

夜勤の回数にもよりますが、平均年収で450万円前後になります。

 

看護師全体の平均年収は、450万円から480万円ほどになります。

 

 

 

・年収アップの方法

 

スキルアップを目指すことがおすすめです。

 

単なる内科ではなく、専門的な科目に勤めてみましょう。

 

“神経内科”や“循環器内科”などはまさに専門的な科目になるので、年収アップにはおすすめです。

 

専門的なスキルが身につくことで、再度転職する時にさらに自分を高く売り込めるわけです。

 

 

 

■内科看護師系求人の探し方

 

・医療系求人サイトの活用

 

一般的な求人サイトでも探すことは可能です。

 

しかし、いい情報を集めようとするならば、なるべく医療系求人サイトを活用してください。

 

内科系の仕事も数多く紹介されていますし、検索システムを活用すれば欲しい情報が発見しやすいです。

 

前記した、専門的な科目の情報も発見しやすいですよ。

 

 

 

■内科看護師のまとめ

 

内科は数も多く、内科といっても細かく分類もされるのでその分看護師も必要です。

 

今まで専門の科にいた人でも内科で働きたいというのは大歓迎です。

 

内科は患者さんと寄り添ってじっくりと看護ができます。

 

内科ならではのやりがいも感じられると思います。

 

内科の診療科によっては内容や働き方も違うのでしっかりと調べて、

 

専門のコンサルタントから情報を得ていると有利です。

 

新たな内科の看護師としてチャレンジしてください。

 

 

内科の看護師の求人を探す方はコチラの比較サイトがおススメです。

 



ナース転職のススメ人気記事↓↓