【ナースジョブ】の特徴|非公開求人の多さに注目!

 

非公開求人が比較的多いのが看護師専門求人サイトになります。

 

その中でも特に多いとされているのが、ナースジョブになります。

 

こちらでは、なぜナースジョブは非公開求人が多いのかといったことを中心にサイトの特徴について解説します。

 

ちなみに、ナースジョブは無料利用ができ、簡単にWEB登録可能です。

 

電話登録も可能ですが、WEBエントリーの場合は1分程度で簡単にできますのでお勧めですよ。

 

個人情報や保有資格の情報を提供するだけです。

 

 

■ナースジョブは非公開求人が70パーセントを占める!

 

一般の看護師求人サイトの場合は、50パーセント前後となります。

 

半数程度が非公開になるわけですが、ナースジョブの場合はその割合を圧倒的に超えているのです。

 

では、なぜナースジョブにはそれだけの非公開求人があるのでしょうか。

 

・魅力的な求人を多数取り扱っているからこそ

 

そもそも非公開求人が発生するワケですが、応募者の殺到を避けるためです。

 

人気の医療機関からの募集や、待遇の良い求人はどうしても人気が出てしまいます。

 

混乱を避けるためにも非公開求人とします。

 

ナースジョブには、それだけ多くの看護師が見ても魅力的に映る情報が多いということになります。

 

・専門性の高いやりがいのある仕事である

 

非公開求人化される理由には、専門性が高いものもあります。

 

看護師であればだれでも応募できないような求人情報が非公開化されるのです。

 

専門性の高い求人は、自然に給与も高くなるといった特徴がある点も指摘しておきますね。

 

 

■ナースジョブの利用方法

 

・自分で簡単に情報を検索できる!

 

地域検索・雇用形態検索・病床数検索などが実施できます。

 

さらにフリーワード検索機能もあります。

 

かなりこだわりある求人情報まで探せるので、有効活用すべきです。

 

診療科目検索も充実しています。

 

かなりたくさんの科目が選択できますので、自分が働きたい科が決まっている看護師さんは、指定して検索しましょう。

 

【指定できる科目例】
・内科
・呼吸器科
・消化器科
・循環器科
・外科
・整形外科
・形成外科
・脳神経外科など

 

ここに掲載しきれないほどなので一部となります。

 

珍しいところであれば、性病科・透析・アレルギー科などがあります。

 

 

■求人情報と雇用形態の特徴

 

・正職員
・非正規職員

 

ナースジョブでは、上記の二つの雇用形態の両方の求人情報を掲載しています。

 

特に大きな医療機関の場合は、どちらの雇用形態の求人情報も掲載している例が多いのです。

 

正職員で働きたい看護師も非正規職員として働きたい看護師にも有効活用できるのがナースジョブです。