【小児科の看護師編】科目別で適正・仕事内容を把握しよう

看護師のあこがれの職場の一つに小児科勤務があります。

 

実際にどのような方が向いているのか、どのような仕事をするのか、

 

さらに給与などの情報について考察します。

 

 

 

■小児科看護師の適性について

 

・コミュニケーション能力の高さ

 

子供に対してのコミュニケーション能力が高ければ良いわけではありません。

 

大人に対するコミュニケーション能力も求められます。

 

子供の対応がメインと思われがちですが、お子さんの症状について

 

親御さんに説明しなければいけないからです。

 

 

 

・観察力

 

視野が広い事も重要な適性になります。

 

子供は、容体が急変することもあるので、注意して観察しなければいけません。

 

病院内で怪我をしてしまう可能性も少なからずあるので、注意してください。

 

 

 

■小児科看護師の仕事内容

 

・医師の補助
・症状の確認
・急変した時の対応
・小児と保護者のケア

 

メインの仕事は上記したものになります。

 

前記した部分になりますが、症状の確認は大事です。

 

状態が悪そうなら声をかけて、個別に対応する必要があります。

 

患者である小児だけケアすればいいわけではありません。

 

保護者のケアも必要になる点は理解しましょう。

 

親御さんは特に心配しているはずなので、正確な病状を伝えることも重要な仕事です。

 

 

 

■小児科看護師の給与について

 

いくつかの、看護師系専門求人サイトで調べてみました。

 

月給例を掲載するので、転職を希望している小児科看護師の方は参考にしてください。

 

《小児科看護師の給与例》
 ・月給・・・27万640円
 ・月給・・・28万1,800円
 ・月給・・・31万2000円
 ・月給・・・32万700円
 ・月給・・・34万8,000円など

 

大体、20万円台後半から30万円台半ばくらいまでの条件で募集していることが分かりました。

 

ある程度大きな報酬がいただける可能性があると考えられる数字です。

 

ただ、夜勤の有無などでも大分月給が変わってくるので注意してください。

 

仮に夜勤がないと20万円台前半の月給になる事もあり、かなりの差になるので注意してください。

 

 

 

■小児科看護師の需要について

 

看護師は全体的に不足している現状がありますが、小児科看護師についても不足しています。

 

少子化の影響はあるのですが、それでもまだまだ不足している状況なので、需要はあると判断できます。

 

今後も就職や転職はしやすい状況が続くはずです。

 

 

 

・求人サイトにも多くの情報あり

 

看護師系求人サイトにも、数多くの情報が現状でもあります。

 

ある求人サイトでは、30,000件近くの情報があるので、比較をして

 

就職先や転職先を探すことが出来る状況です。

 

■小児科看護師のまとめ

 

小児科は子ども好きにはオススメです。

 

常に子供たちと接する現場になるので雰囲気が良い現場が多いです。

 

人間関係で悩んでいた看護師には子どもと接する時間が癒やしになる場合もあります。

 

子ども達が病院の恐怖を和らげるために看護師さんは優しく、明るい雰囲気があります。

 

子どもだけでなく、親への対応もあるのでコミュニュケーション力が高いです。

 

専門のコンサルタントがあなたにピッタリの小児科探しのお手伝いをします。

 

 

小児科の看護師の求人をお探しの方はコチラの比較サイトへ

 



ナース転職のススメ人気記事↓↓