【早番や遅番がない科目・仕事の特徴など】看護師の求人を条件別に調査

 

看護師の求人を探している方にとって、かなり大きなテーマにもなりかねないのが、

 

“早番”や“遅番”の有無になります。

 

遅番や早番があると、毎日安定して働けない事もあります。

 

日勤だけの仕事であっても、それぞれの勤務時間にかなりの開きがある場合もあります。

 

早番の時は朝早くに起きなければ対応できませんし、遅番の時は帰りが遅くなり次の日に響く事もあります。

 

ただ、看護師の職場の中には遅番や早番がない科目も実際にあります。

 

その仕事の特徴などについて解説させてもらいます。

 

 

 

 

■早番や遅番がない仕事の特徴とは

 

 

・職場は多岐にわたる

 

何か決まり切った職場でなければ、早番や遅番がないというわけでもありません。

 

それぞれの医療機関の方針による部分が多いので、

 

さまざまな職場で早番や遅番がないケースが多めになります。

 

 

 【早番の勤務時間例〜求人サイトより抜粋】
  ・午前7時から午後4時まで
  ・午前8時から午後5時まで

 

 

 【遅番の勤務時間例〜求人サイトより抜粋】
  ・午前11時から午後8時まで
  ・午前11時30分から午後8時30分まで

 

上記のような勤務時間で働くのが早番や遅番がある仕事になります。

 

 

・安定して働くことができる

 

例えば午前8時30分から午後5時30分という勤務時間の医療機関で働く場合ですが、

 

毎日その時間で働き続けることができます。

 

早番や遅番がある職場の場合は、前記したような勤務時間で

 

交互に努めなければいけない場合もあります。

 

 

例えば、遅番で働いた次の日が早版になるケースもあります。

 

家に帰ってから何もせずにすぐに寝ないと、次の日の朝が厳しいような事も十分に考えられますよね。

 

安定して働けるといった特徴は、看護師として長期的に働きたい方に非常に重要な事です。

 

 

 

 

■早番や遅番がない科目とは

 

 ・2交代制
 ・3交代制

 

以上の体制を整えている科目であれば、早番や遅番がないです。

 

2交代制とは、日勤と夜勤がある職場です。

 

3交代制は、日勤・準夜勤・深夜勤に分かれています。

 

 

【2交代制の勤務時間例】
・日勤:午前8時30分から午後5時30分
・夜勤:午後5時から翌午前9時までなど

 

 

【3交代制の勤務時間例】
・日勤:午前8時30分から午後4時30分
・準夜勤:午後4時から午前0時まで
・深夜勤:午後11時30分から翌午前9時までなど

 

 

以上のような勤務体制を整えている科目ですが、

 

病棟を持っている医療機関で比較的多めになります。

 

“外科”や“内科”といったオーソドックスな診療科目に多いので、

 

早番や遅番をしたくない方は、そのような一般的な科目で働くのもおすすめでしょう。



ナース転職のススメ人気記事↓↓