気になる稼ぎ|看護師の平均年収はどのくらい?

仕事をする上で気になってしまうのが、稼ぎです。

 

どのくらいの額を稼げる職業なのか、といったことを知った上でその職業で働くのかを決める、といったことが重要になります。

 

こちらでは看護師は年収でどの程度稼ぐのか、といったことをお話します。

 

稼いでいる印象がありますが、実態はどうなっているのでしょうか。

 

 

■看護師の平均年収がこれだ!

 

・平成20年・・・474万円
・平成21年・・・461万円
・平成22年・・・469万円
・平成23年・・・475万円
・平成24年・・・471万円
・平成25年・・・472万円
・平成26年・・・473万円

 

※年収ラボより

 

非常に安定していることが分かります。

 

そして400万円代後半であることも分かります。

 

一般職業と比べてもかなり高額な部類に入ってくるので、看護師は稼いでいる、といったことが分かります。

 

平均年収には新人もベテランも両方共含まれています。

 

ですから、経験を積み長く働いていれば、500万円を超える年収を稼ぎだすことも難しい訳ではありません。

 

中には、600万円を超える年収を稼ぎ出している看護師さんもいるのです。

 

 

・男女別で年収に差があるのか?

 

男女別の年収には大きな差がないことが分かっています。

 

たとえば、平成26年の男性看護師の平均年収は474万円です。

 

一方で、女性看護師の平均年収は473万円です。

 

10,000円だけ男性の年収が多い、といった傾向なのです。

 

男女差がない、といったことの意味ですが、ブランクをあまり問題視していない職業、といったことが分かりますよね。

 

一般の職業の場合は、妊娠出産がある女性の収入は低めです。

 

しかし、看護師にはその傾向は見られません。

 

これは女性にとって嬉しいことです。

 

 

■時給に直すとどれくらいになるのか?

 

・平均時給・・・2,000円程度

 

1日あたり8時間勤務で16,000円程度の報酬が発生する、といった計算になります。

 

ただ、夜勤手当なども発生するので、日勤だけの看護師と夜勤だけの看護師では大きな差が生まれてくることもあります。

 

 

■看護師の平均月収はどれくらいなの?

 

・平均月収・・・30万円第前半

 

平成26年のデータをチェックしてみると33万円であることが分かります。

 

ここ10年程度は31万円から33万円程度で推移しており、大幅な変化はありません。

 

安定している、といっても過言ではありません。

 

平均で30万円を超えてきている、というのも看護師の大きな特徴と言っても良いかもしれません。

 

ベテランになってくると月収が40万円を超えてきたり、50万円前後になることも考えられますよ。



ナース転職のススメ人気記事↓↓