看護師の転職の裏側|コーディネーターとの相性が悪いと面倒

看護師が転職する時に利用しているのが転職サービスです。

 

看護師転職サイト、といったものがありますよね。

 

そのサイトには、コーディネーターといった方がおり、その方に対して希望を伝えてお仕事を見つけ出してもらうのです。

 

そもそも看護師の転職先はかなり多くなっており、自分で探すにも限界があります。

 

だからこそ、コーディネーターの力が必要になってきます。

 

一方で、すべてのコーディネーターが良いわけではありません。

 

一部問題がある方もいるのです。

 

こちらでは転職サイトのコーディネーターの悪いところについてお話します。

 

 

■合わない職場ばかりを紹介されてしまう

 

・希望とマッチングしない転職先ばかりを勧められる

 

非常に多くなっているので注意しなければなりません。

 

クリニックを希望しているのに、一般病院ばかりを勧められてしまう、といったケースも有るのです。

 

こちらの希望をほとんど汲みとってくれないことも少なくありません。

 

希望とマッチングしない転職先ばかり進められる原因として、こちらの希望がしっかりと伝わっていない可能性があります。

 

しっかりとメールなどで、こちらの希望する転職先のタイプを伝えましょう。

 

そのうえで、またマッチングしない医療機関を勧めてくる場合には対応を考えなければなりません。

 

 

■初めての転職なのにアドバイスをしてくれない

 

・親身になってくれないコーディネーターも多い

 

初めての転職は誰しも不安です。

 

特に面接などではどのように対応すればいいのか、といったことも知りたいですよね。

 

そういった時に相談にのってくれるのもコーディネーターの役割なのです。

 

しっかりと話しをしてくれない場合には、やはりこちらも対応を考えなければならないのでしょう。

 

そもそも人同士なので相性が合わない、といったケースもあります。

 

相性が合わない場合には、そのまま自分の転職先を探してもらうのは不安ですよね。

 

 

■コーディネーターがダメだったらどうすれば良い?

 

・交代してもらおう

 

一人のコーディネーターしか選択できないわけではありません。

 

途中で交代してもらう、といったことも可能です。

 

サイト側に連絡を取り、コーディネーターを変えてもらえるようにお願いしてみましょう。

 

交代してもらった途端に良い情報が提供されるようになった、といったケースも多いです。

 

 

・他の転職サイトを利用する

 

転職サイトは一つしか利用できないわけではありません。

 

複数の転職サイトを利用しても問題はないのです。

 

2つや3つのサイトを併用している看護師さんも多いですよ。



ナース転職のススメ人気記事↓↓