【呼吸器科の看護師編】適正と仕事内容を科目で比較

 

呼吸器科看護師の適正と仕事内容について調査しました。

 

呼吸器科で働いてみたいと考えている方は注目してください。

 

 

 

■呼吸器科看護師の仕事内容について

 

・内科と外科に別れる

 

内科の場合には、肺がんや呼吸器感染症、そして気胸や気管支拡張症などを取り扱います。

 

他にも、慢性呼吸不全や気管支喘息も対応しますし、間質性肺炎や肺線維症、

 

そして肺気腫や最近増えてきたと言われる肺結核も取り扱います。

 

 

外科の場合は、肺がんや縦隔腫瘍、さらに自然気胸や外傷性気胸な度を取り扱います。

 

内科と外科、双方で肺がんを取り扱っている点には注目しましょう。

 

 

・抗がん剤治療の介助

 

肺がんの治療をおこなうので、抗がん剤を利用することになります。

 

その介助は重要な仕事になりますので、確実に行えるようにしましょう。

 

しっかりと経験を積みスキルアップすべきです。

 

 

・患者さんのケア

 

呼吸器系の病気は非常に苦しいものになるので、しっかりとしたケアを実施しましょう。

 

治療の説明やお薬の説明も重要なケアになります。

 

患者さんによって対応を変化させるような繊細な業務を行うことも重要です。

 

 

・院内感染の予防

 

これは呼吸器科の非常に専門性の高い仕事になります。

 

肺結核などを取り扱うので、院内感染を起こしてしまうと大変です。

 

予防対策も重要な仕事になります。患者さんを隔離して、広まらないように対応を実行するべきです。

 

ウイルスや細菌対策が重要な仕事になることは、呼吸器科看護師として働く上での絶対条件になります。

 

 

 

 

■呼吸器科看護師の適正とは?

 

・神経質である

 

神経質であり過ぎるのは問題ですが、ある程度は注意深いような性質がある方向けの仕事になります。

 

院内感染の予防で説明しましたが、呼吸器系の感染が広がると大変です。

 

多くの方が生命の危機に瀕してしまいます。

 

感染予防業務に神経質なほど取り組める方向けとなります。

 

 

・精神的に強いこと

 

呼吸器科に通う患者さんは、非常につらい生活を送っています。

 

息苦しさがあるからです。

 

辛さを訴えてくることがありますが、どうしようもない事もあり、精神的につらい思いをする看護師さんが多いです。

 

呼吸ができなくなり死亡してしまうケースは、意識がしっかりしている状態で最期を迎えるので、

 

看護師の方の中に影響を受けてしまうことがあります。

 

 

・知識を身につけることに貪欲であること

 

勉強熱心な方に、呼吸器科看護師の仕事は向いています。

 

特にがん治療については、日々新しい薬が開発されており、その特徴についての理解が必要とされます。

 

患者さんに正確な説明ができるように勉強をし続ける必要があるのです。

 

さらに、感染症の予防にもそのメカニズムを知ることが必要です。

 

幅広い知識が身につくように、勉強を積極的に行える方が目指すべき職場になります。

 

 

■呼吸器科の看護師のまとめ

 

呼吸器科は扱う患者さんの領域が広いので奥が深いです。

 

疾患によっても症状は様々なので特徴を理解しておくことが大切です。

 

疾患を理解するためにもたくさんの勉強も必要です。

 

患者さんへの暖和ケアや家族の精神面のフォローなども看護師の仕事です。

 

患者さんの変化に注意力も必要でコミュニュケーションも大切です。

 

 

呼吸器科の看護師の求人を探す方はこちらから



ナース転職のススメ人気記事↓↓