看護師なら結婚しても続けられる!家庭と仕事の両立方法

女性が仕事を辞める大きな理由の一つが結婚です。

 

家庭と仕事の両立を考えて職場を去る女性が現在でも少なくありません。

 

経理や事務といった比較的シフトや休暇が安定している女性ですら結婚を機に退職することが多いなら、シフトや休暇がバラバラな看護師はさらに退職せざるを得ないんじゃない!?と思いますよね。

 

ところが、看護師の退職理由トップ10には結婚は入っていません。

 

実は看護師の仕事は家庭と両立することが不可能ではないということですよね。

 

そこで、看護師が結婚を機に退職しない理由と家庭と仕事の両立方法をご紹介します。

 

 

1、 どうして看護師は結婚退職をしないの?

 

中には退職する人もいますが、多くの看護師が結婚後も仕事を続けます。

 

その理由をピックアップしてみました。

 

・ 高収入なので配偶者の理解が得やすく家事を分担してもらえる
・ 女性ばかりの職場なので結婚生活に理解がある
・ 生活レベルを落としたくない
・ スキル、キャリアを捨てたくない

 

やはり看護師は一般的な女性の収入よりもかなり高めなので、退職するとかなり生活レベルが低くなるようです(結婚相手がかなりの高収入の場合は別ですが)。

 

夫もそれだけ奥さんが稼いでくれば自然と家事を分担してくれます。

 

職場でも家庭でも、仕事と結婚生活を両立することに、他の職種よりも協力的なのです。

 

だから多くの看護師が結婚後も仕事を続けます。

 

 

2、 家庭と仕事の両立方法とは?

 

一番重要なのは配偶者の理解と家事分担です。

 

「家庭を守るのは女性の仕事」
「家事を手伝ってあげる」

 

こんな認識の配偶者であれば家庭と仕事を穏便に両立することは不可能です。

 

2人とも働いているのですから、均等に家事を分担して、しかもそれが当然であると考える配偶者でなければ遅かれ早かれお互いの不満が蓄積し爆発してしまいます。

 

結婚後も仕事を続けるのであれば配偶者に「家事は二人の仕事。きっちり分担しなければならない」と考えてもらうことが大切です。

 

最初が肝心なのでとことん話し合うようにしましょう。

 

 

3、 もし結婚を機に退職したら?

 

やむにやまれぬ事情で結婚を理由に退職してしまっても看護師であればその後再就職することは簡単です。

 

一般女性は、結婚後の再就職はかなりの難関ですが看護師にとってはさほど難しいことではありません。

 

むしろ、結婚生活と両立するために「土日休み」「夜勤なし」といった働き方に限定して職場を探すことができます。

 

もちろんそんな贅沢な求人も看護師であれば珍しくありません。



ナース転職のススメ人気記事↓↓