女性が稼ぐ時代!高収入の看護師を狙ってみませんか

男性の給与が下がっているわけですが、これからは女性がどんどん稼ぐ時代です。

 

多くの女性が、キャリアウーマンとしてバリバリ仕事しているのです。

 

そこで注目して欲しいのが、高収入の看護師になります。

 

看護師は女性が多い職業でもありますが、実際にどの程度稼いでいるのでしょうか。

 

看護師の平均給与などの、給与情報について詳しくお教えします。

 

看護師を目指そうと思っている女性は必見ですよ。

 

 

■看護師の平均年収はどれくらい?

 

・平成23年度・・・4,743,000円

 

※女性職種別年収ランキングより(厚生労働省)

 

500万円近い年収を稼ぎ代しているのが看護師なのです。

 

労働者全体の平均年収は、400万円を少し超えた程度なので、数十万円も上回っているわけです。

 

看護師の給与が、労働者全体の平均年収を下回ることはまず考えられません。

 

それほど高額の年収が稼ぎ出せる仕事でもあるのです。

 

特に注目して欲しいのが、看護士の年収は景気に左右されない、といったことです。

 

景気が悪くても、基本的に450万円から480万円程度の平均年収を保っています。

 

これは他の職種ではあまり考えられないことでもあります。

 

安定して高額の報酬を稼ぎだしていきたい、と考えている女性には特におすすめの職業です。

 

 

■看護士の平均月収はどれくらい?

 

・平成20年・・・約32万円
・平成21年・・・約32万円
・平成22年・・・約32万円
・平成24年・・・約33万円
・平成25年・・・約33万円
・平成26年・・・約33万円

 

※年収ラボより

 

月収においても、平均で30万円を置けていることがほとんどです。

 

しかも、近年は非常に安定しており、平成19年が31万円であったことを考えると、少しずつ上昇している、といった見方もできるわけです。

 

これに賞与も加わることで、前述した400万円代後半の年収になるわけです。

 

月収30万円を超えてくるのであれば、生活に関しては一定水準を確保できます。

 

お子さんがいても、それなりの生活ができます。

 

 

■女性の平均年収はどれくらいなの?

 

女性看護師の年収の高さを知るためには、そもそも女性の平均年収はどの程度なのか、といったことも把握しなければなりません。

 

・女性の平均年収とは・・・200万円代後半

 

実は、200万円近くも年収に差があるのです。

 

そもそも、看護士の収入を時給化すると2,000円を超えてくるのです。

 

一般の女性は、時給換算で1,000円程度の仕事をしています。

 

非常に大きな差があるのが時給からでも分かりますよね。



ナース転職のススメ人気記事↓↓