男性看護師がいる職場が良いって本当なのか?

男性看護師は少しずつその数を増やしています。

 

看護師不足が続いている時代ですが、男性が増えることにより、その解消が見えてくるかもしれません。

 

しかし、実際には男性看護師は圧倒的に少ないです。

 

実際に男性看護師のいる職場は良いのでしょうか。

 

それとも良いものではないのでしょうか。詳しく調べてみました。

 

 

■女性看護師からの男性看護師に対する意識

 

・力仕事など役に立ってくれる

 

女性看護師が、患者さん対応などで困ってしまうこともあります。

 

しかし、男性であれば女性よりも力があるので、しっかりと対応してくれて「頼もしい」といった意見が多く出てきます。

 

特に精神科では、患者さんが急に暴れてしまうこともあります。

 

女性看護師では、その行動を制御できないこともあるのです。

 

男性看護師であれば、男性患者が暴れたとしても対応できますよね。

 

 

・場が和む

 

女性だけの職場になると、色々とねちっこい部分が出てきてしまいます。

 

いじめや派閥の問題も出て着やすいのです。

 

しかし、男性看護師がいる職場では、比較的に場が和やかになるケースが多いのです。

 

そもそも、女性と男性では内容に大きな違いがあるのも事実です。

 

女性ばかりになると、愚痴といった暗い話になることが多いですが、男性が交じると少し広い話題になるのです。

 

 

・男性看護師の教育が難しい

 

男性看護師が入ってくると女性看護師が基本的に指導することになります。

 

言い方に注意しないと、男性はプライドが傷つきやすいので、対処に困る例も少なからずあるのです。

 

 

・優しい人が多い

 

男性は女性に対しては総じて優しい、といった傾向があります。

 

職場でも比較的、女性看護師に対して優しく接してくれるので、雰囲気が良くなります。

 

 

■男性看護師から女性看護師に対する意識

 

・人間関係が複雑すぎる

 

人間関係に巻き込まれると厄介と感じている男性看護師が非常に多いです。

 

派閥争いなどに理解できないのが男性の性質でもあります。

 

 

・肝心な仕事は任せてもらえない

 

力仕事がメインになっており、肝心な看護の仕事に関しては任せてもらえないケースが多いです。

 

なにか大事な作業をしようとすると、女性看護師が集団で潰しにかかってくることもあります。

 

 

■男性看護師がいる職場まとめ

 

・女性看護師からの印象は良好
・男性看護師としては気を使う場面が多い

 

男性看護師側からみると悩みは多そうですが、総じて受け入れにマイナスな感情をいだいている女性看護師は少ないようです。

 

雰囲気が良くなれば、人間関係にプラスに働くことも考えられますよね。



ナース転職のススメ人気記事↓↓