女性の職場のである看護師の現場の現実を知ろう!

女性の職場の中でも代表的なの看護師です。

 

男性看護師の率はまだ5%ほどで、95%は女性になります。

 

そんな女性の職場である看護師の現場にはどんな特徴があるのでしょうか。

 

現代看護師の職場事情について詳しく調べてみました。

 

 

■年功序列の職場ではない

 

・上下関係がはっきりしている

 

首を傾げている人もいるかもしれませんね。

 

上下関係がはっきりとしているのに、年功序列ではないのはおかしいのではないか、といったことです。

 

実は、看護師の職場は、上司と部下の関係がはっきりとしています。

 

上司に行後輩がいるケースも多く、結果的に後輩に自分が使われてしまうこともあるのです。

 

プライドの高い人であれば、そういった状況を受け入れられないこともありますよね。

 

能力だけでなく、やる気のある看護師はどんどんと出世するシステムになっています。

 

長く働いていたとしても、日勤だけで仕事をしている看護師はなかなか出世できない現実があるのです。

 

日本は年功序列なシステムが基本ですが、看護師の職場は必ずしもそうではないのでストレスを抱えてしまうケースが少なくありません。

 

 

■ヒステリーを起こしてしまう看護師が多い

 

・仕事の忙しさが関係している

 

看護師の仕事はかなりハードです。

 

仕事も忙しく、なかなか落ちついた気持ちで仕事ができるわけではありません。

 

あまりの忙しさにヒステリーを起こしてしまう例が実際に多いのです。

 

特に急性期病院で仕事をしている看護師にはありがちなことでもあるのです。

 

後輩看護師に対してきつくあたってしまう方もおり、職場の雰囲気を悪くしています。

 

落ち着いて仕事をしたいのであれば、慢性期病院への転職も視野に入れましょう。

 

慢性期病院であれば、基本的に決まった患者さんに対応するので、予定外の仕事をする必要は基本的にありません。

 

 

■出会いがなかなか無い

 

・看護師はモテるが・・・

 

確かに合コンに参加すれば、看護師というだけで男性からチヤホヤされる現実はあります。

 

しかし、職場で男性の出会いがなかなかないのです。

 

そもそも男性看護師が一人もいない職場も少なくありません。

 

居たとしても、女性看護師が50人に男性看護師が2人や3人といった具合になります。

 

医師は男性なことが多いですが、看護師と医師の関係が非常に悪い職場も少なくありません。

 

双方が無能呼ばわりしていることもあるのです。

 

外に出会いを求めないと、婚期を逃してしまうこともあるので注意すべきです。



ナース転職のススメ人気記事↓↓