クリニックから病院への転職をしたい時の注意点

クリニックで仕事をしていても、それほど看護スキルが身につきません。

 

スキルアップのためにも一般病院への転職を目指そうとしている方は多いのです。

 

しかし、クリニックから病院への転職時に気をつけてほしいことはたくさんあります。

 

こちらでは、どんなことに注意して転職活動をすれば良いのか、といったことについてお話しします。

 

 

■夜勤の有無を必ず確認すること

 

・一般病院には夜勤がある

 

クリニックに勤務している看護師さんは基本的に夜勤がありません。

 

夜勤がないからこその働きやすさ、といったものもあるのです。

 

一般病院ともなると入院患者さんもいますよね。

 

ですから、夜勤の勤務をしなければいけないケースが多いです。

 

クリニックの時には経験のなかった夜勤ができるのか、といったことをしっかりと考えてください。

 

無理だと考えたら、「日勤専従」の仕事を探しましょう。

 

一般病院でも日勤専従の仕事は多くはありませんが、探せば発見できます。

 

 

・一般病院における日勤専従の仕事の探し方

 

外来担当看護師の仕事を探してください。

 

外来患者さん対応の看護師であれば、基本的に日勤のみの仕事になります。

 

病棟担当の看護師の仕事を選んでしまうと、夜勤をしなければならなくなりますよ。

 

 

■給与の注意点

 

・クリニックから病院への転職で必ずしも給与はアップしない

 

一般的にクリニックよりも病院のほうが給与は高い、といった印象があります。

 

しかし、必ずしも年収がアップするわけではありません。

 

前述したような、夜勤のない病院看護師は、夜勤手当がもらえません。

 

夜勤手当は1日あたり15,000円前後になることもあります。

 

年間で数十万円の差になることもあるのです。

 

転職するときには希望する年収を決めておき、その額を達成しているかを必ずチェックしてください。

 

 

■転職サイトを利用すること

 

・病院看護師の求人はたくさんありすぎる

 

病院看護師の仕事を探そうと情報を集めると、あまりにたくさんの求人情報がヒットして、その中から適切なものを見つけ出すことができないこともあります。

 

自分だけの力で転職を成功させるのは難しいです。

 

転職の専門家である、転職コンサルタントの力も有効活用しなければなりません。

 

病院看護師の仕事探しのお手伝いをコンサルタントにしてもらうのです。

 

転職サイトであれば、無料でコンサルタントの方に仕事探しを手伝ってもらえるんですよ。

 

転職に関するアドバイスももらえるので、転職サイトの利用は良いことしかありません。



ナース転職のススメ人気記事↓↓