年をとったらハードワークは無理。でも稼ぎたい方必見の職場

40代後半や50代になると、今までこなせていた仕事が難しくなることはどんな職業でも一緒です。

 

しかも、それが看護師ともなるとはっきりと現れます。

 

元々の労働環境が厳しすぎるからです。

 

こちらではハードワークはしたくないけど、なるべく稼ぎたい看護師の方に向けて情報を発信します。

 

年齢的に仕事についていけなくなってきた方は必見ですよ。

 

 

■訪問看護師の仕事がおすすめ

 

・訪問看護師のメリットとは?

 

夜勤がないことが上げられます。

 

看護師の仕事でハードに感じるのが、なんといっても夜勤です。

 

しかし、看護師が夜勤をしなくなると、あっという間に稼ぎが悪くなってしまいます。

 

稼ぎに大きな問題がでてしまうからこそ、体がきついのに夜勤を続けてしまう悪循環に陥ってしまうのです。

 

訪問看護師は、基本的に明るい時間帯に患者のもとに訪れて看護作業を実施するわけです。

 

ちなみに、いままで看護師として培ってきたスキルをしっかりと活かせる仕事でもあるので、やり甲斐は満点です。

 

さらに1人の方に長期間向き合う仕事なので、新しいやり甲斐が発見できるケースも少なくありませんよ。

 

 

・訪問看護師は稼げる仕事なのか?

 

本気で稼ごうと思ったら、給与はかなりの金額にもなります。

 

平均的には、月収で25万円から35万円程度になります。

 

一方で、年収が500万円を超える方もちらほらいるので、病院以外の勤務でこれだけ稼げる看護師の仕事は、他にはなかなかありませんよ。

 

 

■企業看護師として働く

 

・定時上がりが基本

 

大きな企業でたくさんの社員が働いている職場では、医務室や保健室が設けられています。

 

そちらで企業看護師は勤務することになるのです。

 

一般社員と同じ時間に出勤し、退勤することになります。

 

日勤しかなく定時上がりになるので、体的なきつさもそれほどありません。

 

さらにカレンダー通りに休みが取得できる、といったメリットも有るのです。

 

ただ、企業看護師は狭き門となります。募集自体もそれほど多くなく、人気なのですぐに埋まってしまいます。

 

求人情報を発見したら、すぐに応募しなければなりません。

 

 

・企業看護師の給与とは?

 

400万円から700万円以上の場合もあります。

 

一般社員と同じように昇給することもあるので、長く働けば働くほど良い結果が得られます。

 

一方で病院看護師から転職すると、少し給与が下がることもあります。

 

夜勤手当がない分スタート年収は低めになってしまいます。

 

ただ、3年や4年働くと、少しずつ年収も上昇していきますよ。



ナース転職のススメ人気記事↓↓