看護師の医療ミスを少しでも減らすテクニックとは?

医療現場でのミスは患者さんの命を危険に晒すこともあります。

 

こちらでは、看護師の医療ミスを防ぐためにはどうしたらいいのか、といったことについて詳しく解説します。

 

看護師として働くに当たり不安を抱えている方、過去に「ヒヤリハット」な場面に出くわしてしまった方は必見ですよ。

 

 

■医療に関する知識をしっかりと高めること

 

・投薬
・医療

 

以上の2点について正しい知識を持っておくことが医療ミスにつながります。

 

よく間違ってしまうのが、投薬量です。

 

薬ごとに基準の量を知っておけば、すぐに対応できますよね。

 

ミスにも気づいて、薬剤師に確認を取ることも出来るわけです。

 

看護師も仕事だけで得られる知識だけではなく、日々勉強することが大切なのです。

 

ちなみに、大きな医療機関であれば、定期的にセミナーを行っている所も多いんですよ。

 

参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

■体調管理を万全に行なうこと

 

・自身の体調を把握することが肝心である

 

看護師はハードな仕事でもあり、実際に体調を崩してしまい給食してしまう方も少なくありません。

 

身体的な健康だけでなく、精神的な健康を崩してしまうこともあるのです。

 

体調が悪いままで看護作業をしていると、ミスを連発してしまうこともあります。

 

自身の対象の把握は定期的に行ってください。

 

特に注意すべきは夜勤になります。

 

体質的に問題ない人もいれば、体質的に夜勤が受け付けられない人もいるのです。

 

無理して夜勤を続けてしまう、なんて状態にはしないでください。

 

無理をしないことが、ミスを防ぐことにもつながりますよ。

 

夜勤をしなければ正規職員として雇ってもらえない、なんて考えている方も多いでしょう。

 

しかし、最近では多くの医療機関で日勤だけの正規職員を雇うようになりました。

 

さらにクリニックなど職場によって、夜勤がない所も多いのです。

 

 

・休みの取り方にも注目

 

休みの日も忙しくしてしまうと、なかなか体力が回復しません。

 

休みの日はしっかりと休む、といったことも大切です。

 

 

■ミスが多い場合には職場を変えてみることも大切

 

・重大なミスを起こさない職場に転職すべき

 

一般病院であると重篤な症状がでている患者さんも多く、ちょっとしたミスで生命の危険を犯してしまうかもしれません。

 

一方で、クリニックや介護施設などは、生命にかかわるような処置はしないケースがほとんどです。

 

重大なミスを犯してしまう可能性も限りなく低いわけです。

 

ほかにも保健所や保健センター、さらには学校や企業の保健室勤務といったことも視野にいれるべきです。



ナース転職のススメ人気記事↓↓