看護師は職場で心霊体験や怖い体験をすることが多いって本当?

看護師として働こう、と思っている方が非常に気になるところだと思います。

 

職場で働いている時に、実際に霊的なものを見てしまったことがあるのか、といった話はよく聞きますよね。

 

こちらでは、看護師が体験した心霊的な現象の2つほど紹介します。

 

必ずしもどんな職場でもあることでありませんが、事前にチェックしておくと心構えができると思いますよ。

 

 

■夜の巡回中に足だけを見てしまった

 

・ある30代の女性看護師の体験談を軽く解説

 

いつもの様に夜勤をしていた彼女です。

 

特に普段通りな感じだったのですが、深夜の巡回をしていたそうなんです。

 

夜は暗いので、懐中電灯で照らしながら各病室を見まわってしまったそうです。

 

そこである病室に入ったところ。

 

懐中電灯で照らしていると、足があったのです。

 

こんな夜中に、患者さんが起きていると思って、誰かを確認するために懐中電灯でうえのほうを照らすと、足から上が全くないのです!

 

あまりに驚いて声が出ないで呆然としていると、その足がゆっくりとこちらに向かい始めます。

 

びっくりして、その病室から逃げ出してしまったそうです。

 

翌日その病室にいた患者さんは亡くなってしまったそうです。

 

その時に見た足だけの存在は、一体何だったのでしょうか。

 

 

■認知症の患者さんの対応で霊体験?

 

・ある20代女性看護師の体験談を軽く解説

 

いつもある認知症の患者さんが、目の前に可愛い女の子がいる、と言って話しかけていたそうです。

 

しかも、その相手と会話しているわけです。

 

ちょっと怖いと思いつつも、認知症の患者さんであれば、そういったことがありえないわけでもないので、あまり気にしていませんでした。

 

しかし、ある時、他の患者さんも同じような話をするのです。

 

その認知症の患者さんと、いつも話しかけていた患者さんの見ている女の子はどうやら同じ相手なんです。

 

ランドセルを背負った、赤いワンピースを着てオカッパ頭の女の子とのことです。

 

さすがにここまで一致すると怖くなってしまい、周りの看護師にも話をしてみました。

 

そうするとその病院でかなり長く働いている古参の看護師長があることを教えてくれました。

 

実は、現在の医療機関が出来る前には、小児医療を行っている医療機関がこの場所にはあったそうです。

 

しかも、かなり重い病気の子供の多くが入院していたそうです。

 

認知症の患者さんは、実際に当時いた子どもたちの霊を見ているのかと思うと恐ろしくなってしまいました。

 

知らなくて良いことを知ってしまった気分です。

霊感がある看護師は病院でどんな体験をしてしまうのか?

霊感は誰にでもあるわけではありません。 霊感がなければ、ないに越したことはありませんが、見えてしまうものは仕方ありませんよね。 こちらでは霊感があり、しかも看護師として働こうと思っている方に向けて、どんな体験をしてしまった例があるのか、といったお話をします。 霊感があるから働くな、といっているわけでありません。 もしものときも、ある程度知識があれば対応できるものなので知っておいて欲しいのです。 ■誰も居ないはずの病室からのナースコール 霊感がある看護師さんが夜勤をしている時に限って、よく起こる現象となります。 しかも、これは特定の医療機関だけではなく、多くの病院で同時多発的に起こっていることでもあるのです。 ナースコールがあり、実際に部屋に行ってみるとそこには誰も居ないわけです。 そんな日が何度も続いたある日、またその病室に行くと霊的な体験をしてしまうそうです。 そんなこともあり、誰もいない部屋からのナースコールは無視するような職場も実際に多いんですよ。 特に霊感のある看護師さんは、誰もいない病室にナースコールがあったからといって何も考えずに行かないでくださいね。 ■エレベーターが急に誤作動を開始してしまう 夜勤中にエレベーターを乗って移動していると、自分一人しか載っていないはずなのに、押してもいない階でエレベーターが止まってしまい、しかも誰も乗ってこない、といった現象が多くの医療機関で報告されています。 なぜか深夜の時間帯に起こるので、そういった医療機関では夜勤をしている看護師は余程のこと以外はエレベーターを利用しないんだとか。 ■いるけど何もしてこない霊も多い 階段に座っているだけの霊、病室でたっているだけの霊、病棟の廊下にたっているだけの霊、と言ったものも多くの医療機関で看護師から報告されています。 いるだけで、何もしてくるわけではないので、霊感が強い看護師は「また居るよ。」的な感じで仕事をこなしているそうですよ。 何もしてこなければ怖いわけではありませんが、初めて見た時はビックリしてしまいますよね。 ■霊感が強い看護師が霊の影響を受けないためにはどうしたら良いのか ・体調管理をしっかりとすること 精神的な健康、そして身体的な健康をキープしてください。 夜勤を行いつつ、健康状態を高めるのは難しいかもしれませんが、体調が悪いと普段見えないものも見えてしまうのです。 体調が悪いと、見えてしまうことによる影響も受けやすいので充分に気をつけてくださいね。

看護師さんって霊感がある人は無理?霊感がある看護師はどうする?

看護師さんのメインの職場は病院です。 病院には昔から怪談話がつきものですよね。 実際にお亡くなりになる人がいるので、霊感がある人には辛い職場とも言われています。 そこで実際のところと、対処法をまとめてみました。 1、 霊感がある看護師さんにとって病院は辛いもの!? さて、怪談話と切っても切り離すことができないのが病院ですが、実際のところどうでしょうか。 霊的体験談が多い病院ですが、実はそのほとんどが疲労や痛みによる勘違いや気のせいであると言われています。 実際に霊感がある友人が2ヶ月以上の長期入院をしたことがありますが一度もそういった体験をしなかったそうです。 そもそも医学を学んで来たナースやドクターたちはそう言った話を一笑に付します。 もし、自分に霊感があって気になる場合は一度総合病院をくまなく散歩してみましょう。 それで何も感じなければ看護師として問題なく働くことができるはずです。 2、 何かを感じる気がする!という場合は? やはり病院では何かを感じる、という場合は看護師を諦めるべきか?というとそうでもありません。 生死と関わりの少ない職場を選べばよいのです。 ・入院施設のないクリニックや診療所で働く 具体的には入院施設のないクリニックや生死に関わる病気が少ない皮膚科、眼科などのクリニックです。 入院施設のない病院の求人はすぐに埋まってしまいますが看護師専門の求人サイトを利用すれば非公開の好待遇クリニック求人を閲覧することができます。 霊感で看護師の夢を諦めるのではなく、まずは求人サイトでこういった職場を探してみましょう。 ・保健師や企業の看護師 病院自体がだめ!という場合は保健所に勤める保健師や、企業の医務室勤務の看護師という手段もあります。 企業の医務室に常駐している看護師であれば病院と関わることはあまりありません。 ・コールセンター勤務 もっと確実に霊的体験から身を遠ざけたいのであればコールセンター勤務もおすすめです。 保険会社の付加サービスとして「電話相談」を受けるのです。 電話を受けるだけですので、病院には全く関わらずに済みます。 ・保育園勤務 小さな子供が好きなのであれば保育園勤務も考えてみましょう。 「病児保育」を行っている保育園には看護師が必要です。 風邪などで通常の保育園であれば預かることができない子供も看護師が常駐している保育園では預かることができるのです。 保育園であれば、もっと安心ですよね。 3、まとめ 病院で必ずしも霊的体験をする訳ではありませんが、心配ならばこのような生死や病院と関わることのない看護師の勤務先も少なからずあります。 ただし、一般求人ではなかなか表に出ないので看護師求人サイトなどでじっくりと探してみましょう。


ナース転職のススメ人気記事↓↓