横浜で外来の看護師求人は見つからない?

プライベートと仕事を両立したい方の中には、外来勤務を希望する方がいるはずです。

 

しかし、横浜で外来勤務を見つけることは簡単ではありません。

 

外来の看護師求人はどのように見つければよいのでしょうか。

 

 

外来勤務のメリットとデメリット

 

プライベートと仕事を両立したい看護師から、外来勤務は人気を集めています。

 

外来勤務が人気を集める理由は、日勤のみで常勤ができるからといわれています。

 

確かにこの点は、プライベートと仕事を両立したい方の大きなメリットになります。

 

ただし、500床以上など規模が大きな病院になると、外来でも夜勤(当直)のあるところがあります。

 

日勤のみで常勤をしたい方は、看護師求人の内容を精査しておくことが重要です。

 

また、負担が少なそうに見える外来にも大変な点はたくさんあります。

 

決められた時間に患者様が集中するので、かなりあわただしく働かなくてはなりません。

 

その間、クレームが発生すればその処理に追われます。

 

病院の顔として働くので心身ともに大変ですが、病棟より給与は低めです。

 

外来勤務を希望する方は、これらの点を把握しておかなくてはなりません。

 

 

外来は看護師求人が少ない

 

以上に納得したうえで外来の看護師求人を探したとしても、簡単に仕事を見つけることは出来ません。

 

外来の看護師求人は、数が少ないうえ競争率が高いといわれています。

 

看護師求人を見つけることが難しく、見つかっても競争率が高いので、勤務することが難しいのです。

 

特に横浜は、平成22年の病院数が134に対し、看護師数が20,884人(平成23年横浜市の医療施設(資料編)より)と多いので、外来の看護師求人を見つけることが難しいといわれています。

 

このような環境で、外来の看護師求人を見つけるにはどのようにすればよいのでしょうか。

 

 

競争率が高い時は非公開求人利用を

 

以上の通り、横浜の外来求人は競争率が高いといえます。

 

このような環境で確実に転職したい方は、一般には公開されない非公開求人を利用するとよいでしょう。

 

ナース人材バンク等の看護師転職サイトを利用すれば、キャリアコンサルタントが希望の条件を元に非公開求人を含めた看護師求人の紹介を行ってくれます。

 

一般には公開されていない非公開求人であれば、応募者が極めて少ないので採用の可能性が高くなります。

 

また、外来の看護師を募集する医療機関の中には、応募の殺到による事務作業の増加を避けるため、意図的に非公開求人のみで募集をかけるところが少なくありません。

 

つまり、ナース人材バンクなどの非公開求人を利用すれば、競争率の低い外来の看護師求人に出会える可能性が高くなるのです。

 

横浜で外来勤務をしたい方は、ナース人材バンクなどから転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。



ナース転職のススメ人気記事↓↓